×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



(7)聖なる河、ガンガー




午前3時、駅のホームにへたり込み、チャイを啜る。

夜行列車の移動で疲れた身体に、甘いチャイは優しく染み込んでいく。

少し早いが、ガンガー(ガンジス河)で日の出を見るにはいい時間に到着した。

周りには列車待ちの無数のインド人達が寝そべって、

薄暗いホームは、まるで死体置き場のようにも見えて来る。

しかし、インド人達には感心する。どこででも寝るのだから。

店の軒先やカウンター、大通りの中央分離帯の上、リクシャのシート、歩道橋。

よそ見をしていると踏んづけてしまいそうになる



リクシャを捕まえ、いや、捕まり、ガンガーのガート(沐浴場)へと向かうが、やはりま

だ早い。インド人たちも道端で眠っている。
白々と夜が明けかけたガートの少し高台に陣取って、またチャイを啜りながら日の出を待
った。

ここバナラシは、少しインドの知識のある人なら、必ず知っていると言うほど有名な土地。

ヒンドゥー教の聖地でもある。

老人はここを死に場所と定め、ゆっくりとした時の中で死を待つ。

火葬場では薪の上に置かれた死体が焼かれ、旅人は目を奪われる。

何百年、何千年変わってないだろう迷路のような街。

すべてがマッチしてこの幻想的な雰囲気を醸し出す。

不思議な街、バナラシ。


薄い紫、ピンク、なんとも言えぬ色を発しながら、太陽が顔を出す。

と同時に一斉に鐘の音が響きわたる。

ガンガーでは、インド人達が沐浴をしている。

沐浴といっても皆が神聖な趣を持っているのではない。

腰にペットボトルやポリタンクを結びつけ、無邪気に水遊びをする子供達。

奇声を発しながら水を掛け合う者。

それらを眺めながら、時の過ぎ行くのを楽しむ。